リーダーシップで理想とギャップになる要素

リーダーは、チームを率いて颯爽と活躍するイメージが強い。
しかし実際に人の上に立って指示をする立場に立ってみると、その仕事がいかに難しいものであるかが分かる。
実際にリーダーとして活躍するためには、多くの困難を解決していかなければならない。
リーダーの立場としてイメージしていた姿とのギャップに悩む人が多くいる。
リーダーシップは、簡単に発揮できるものではない。
しかし、ポイントを抑えておけば、堅実にリーダーシップを発揮できる立場になることができる。

リーダーシップにとって必要な要素は信頼である。
相手から信頼を得なければ、人を従わせることはできない。
信頼を築くためには、チームが目指すべき道を示して、その目標達成のために論理的に説明することである。
相手の理解を得ることにより、信頼を獲得することにつながる。
このようなリーダーに必要な要素を見失っていると、チームのメンバーとの関係がうまくいかずにギャップを感じることになる。

リーダーとして仕事をこなせるようになるためには、リーダーとしての経験を積み重ねる他にない。
初めはチームのメンバーとの連携はうまくいかず、いざこざが起こる事も多い。
しかし、失敗の経験を多く持てば、どのような要素を押えておけば、相手からの信頼が得られるかが分かってくる。
リーダーとしての失敗を恐れず、多くの経験を積む事でイメージしていたギャップの解消につながる。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です