リーダーシップの管理職と技術職の選択

技術開発の分野では、開発者が開発の課題に取り組んでいる。
そのような開発の職場では、リーダーシップを執るべき管理職は、開発現場の前線からは距離があるという事情がある。
収入の増加を目指して出世し、重要なポストに就くほど技術開発の現場からは遠ざかっていかなければならない。
開発の最前線でずっと開発の仕事を続けたいと考えているような技術者にとっては、管理職の道をとるべきか、あるいは技術者として現場での仕事を続けるか、選択しなければならないというデメリットがある。

リーダーシップを執りつつ、かつ現場で直接開発に関わるという働き方は、可能ではあるものの選択肢は限られてしまう。
いずれこのような選択を迫られるのであれば、将来進むべき仕事の方針について、早期に決断して、進むべき道にふさわしいスキルを身につける必要がある。
リーダーシップを執る事になる管理職の仕事を選ぶのであれば、マネージメントスキルの向上を中心に、スキルアップしていく必要がある。

一方、現場で技術開発の職人として働き続ける場合には、専門的な技術開発に関する技術について、スキルアップに対して力を入れるべきである。
技術開発の仕事で、管理職かあるいは技術者かという大きな決断を迫られることは、必ずしもデメリットの要素ばかりではない。
はっきりとした将来の目標を、改めて考える事ができるチャンスがあるという点で、メリットに変える事ができる。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です