若い頃からのリーダーシップの要素の分析

リーダーシップを発揮して、職場で重要な役割を果たしてきたビジネスマンは、定年に近くなれば相応の地位に就いている事が多い。
このことから、仕事で出世するためには、いかに人の上に立って、仲間をよい方向に導く事ができるかが鍵となる。
人の上に立つことに消極的な人も、定年までの出世を目指すのであれば、リーダーシップの要素を磨くことは重要である。
まだ若い頃は、人に指示を出すことに抵抗があるだろう。しかし、自信が果たすべき役割や目標を見据えて、リーダーとしての経験を積み重ねていくことで、次第にリーダーとしての風格が身についていく。

このような心がけを持っているかどうかが、定年が近くなるに従って、リーダーとしての実力の差にもつながる。
リーダーになるためにどのような要素が必要であるかは、まだ若者であるうちに上のリーダーたちを観察する事が手掛かりとなる。
リーダーたちの立ち居振る舞いを分析知れ見れば、どのような事がリーダーシップを執ることにとって重要であるかがわかる。
キャリアを重ねて定年の年齢に近くなるほど、上の立場に立つリーダーの数が少なくなる。

それだけに、若い頃からリーダーたちを参考にして、人の上に立つ実力を身に付けていくことは重要なことである。
そうすれば、リーダーになるにあたって、どのようなことに気をつければいいのかが理解できるようになり、自身がリーダーの役割を担うようになった時に実力を発揮できる。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です